コスタリカイサベラ終売、コスタリカパルミレラ登場です!

2020.09.10

SHARE THIS ITEM
ある大手コーヒーチェーンの専門家は、その味わいを「パイナップル少々とハーブも混ざった複雑な香り。すっきりとして鮮やか、弾けるようなみずみずしさ。南国風、黄桃ではなく白桃をわずかに感じる」と絶賛されたゲイシャ種入荷です!
<ミルクとの相性:〇 アイスコーヒー:◎ エスプレッソ:◎>

地域:タラス
農園:Palmillera
品種:ゲイシャ
標高:1400m-1900m
生産処理:ナチュラル
 
テイスティングノート
甘くクリーミーな口当たり。 りんご、パネラ、キャラメル、フローラルのフレーバーを感じます、たくさんのフルーツフレーバーがこのコーヒーからは感じます。
Roast level: 浅煎 / Light roast
La Candelillaは、2000年にオープンしたタラスの最初のマイクロミルの1つでしたが、ミルを開くという考えは、コーヒー危機の中で1997年に生産者として思い付きました。これは、タラスーの7人の小規模生産者によって設立された共同所有のマイクロミルです。これを使用して収穫物を工場に届ける農家は、所有権を共有しています。このロットは、工場の創設者の1人であるリカルドエルナンデスナランホからのものです。
Don Ricardoは32年間コーヒーを栽培しており、La Candelillaを利用する生産者の多くがそうであるように、このプロセスに専念しています。 Don Ricardoはまた、コスタリカ、ニカラグア、エルサルバドル、ホンジュラス、パナマ、さらにはタンザニアのbeneficiosのコンサルタントとして10年間働いており、製粉所の処理の改善とコーヒーの品質についての学習を支援しています。
「スペシャルティコーヒーの加工の生産は、私が15年間研究してきたものです」と、彼は翻訳者を通して言いました。 「私はプロセスを開発し、特別なバッチの異なる品種を特定する必要がありました。」彼はいくつかの異なる品種を栽培し、Typica品種のこの古典的なウォッシュドプレゼンテーションを含む多くの方法でそれらを処理します。
彼の樹木は、湿った熱帯または亜熱帯地域で特に肥沃である赤土の一種である豊富なアルティソルで育ちます。この土壌組成物には、炭酸カルシウムや石灰は含まれていません。熟したチェリーが工場に持ち込まれると、プロファイルと天候に応じて処理されます。
SHARE THIS ITEM

一覧へ戻る